株式会社アルヴィオン

JP/EN

プログラマー
入社のきっかけを教えてください。
就職先に悩んでいた頃、専門学校時代にお世話になっていた教員に強くアルヴィオンを勧められ、書類選考、筆記試験、面接、特別インターンシップを経て入社しました。仕事をする上でのノウハウ等は特別インターンシップで学ぶことが出来たので、入社してから直ぐに仕事に取りかかれたのはとても助かっています。
現在の仕事内容を教えてください。
デザイナが作成した3Dモデルを描画したり、画面に様々な映像効果をつける為のフィルタを作成したり等、主にグラフィックのプログラミングをしています。様々なプラットフォーム上で現実世界の光の反射や、現実にはないゲーム独自の表現を再現しつつ、ゲームの処理に負荷を掛け過ぎないよう、日々デザイナと相談しながら実装しています。
仕事をする上で大事にしていることは何ですか?
なるべく遅くまで残らない事です。定時を過ぎて夜遅くまで作業すると、どうしても日中より作業スピードが落ちてしまいがちです。又、他の人達も帰ってしまい分からない事も相談出来ないので効率自体落ちてしまう事があります。作業に時間が掛かるのならば、先輩や上長に相談して工数やスケジュールの見直しを行って作業量を調整したり、どうしても残業が必要な場合は、朝早く来て作業したほうがとても効率的だと考えています。
アルヴィオンの魅力はどのようなところですか?
自社独自でコンソール(家庭用)ゲームの開発を行っている点です。各プラットフォームの仕組みや仕様について学ぶことはとても難しく、様々な資料に目を通してもある程度理解するのに時間が掛かってしまいますが、常に最新の技術に触れ、それらを研究して自分の物にしていくのはとても楽しく、一つ一つに大きな達成感を得ることが出来ます。

特別インターンシップのシステムのお陰で、直ぐに仕事に取り掛かれました。

これから挑戦してみたいことはありますか?
今まで身に付けたノウハウをどれだけ活かして、自作のゲームをSteam等の場で販売してみたいです。遊んでくれたユーザーの評判や提案を基にアップデートを行ったり、既に友人が自作ゲームを配信しているので、開発者同士意見交換をしながらさらなる技術力の向上を目指してみたいと考えています。
プライベートの過ごし方は?
学生時代はゲームをしている事が多かったですが、入社してから絵を描いたりギターのエフェクターを作ったり自転車で遠くに出かけたりと、今までやらなかった事をやるようになりました。新しい事を始めるのはとても難しいですが、今までにない新鮮な感じと徐々に慣れていく時の楽しさは、ゲーム開発と同じように何ものにも代えがたい面白さがあります。
これから応募される方に一言お願いします。
どんな作業でも、一から何かを作るということはとても難しく時間が掛かります。しかしその中でも、ある程度知識があれば簡単に実装出来るものは必ず存在します。昨今は、ネットや書籍に膨大な数の資料やサンプルがあるので、それらを参考に知識をつけて行けば近道の一つになるかもしれません。アルヴィオンに入社出来た日には、先輩後輩関係なく知識や技術を共有し合える事をとても楽しみにしています。
プログラマー
BACK